自分を悲観するということは、これから先の楽しい未来を失ってしまうことに気が付いた方がいい。

NO IMAGE

おはようございます。結城です。
人生色々とあります。誰しもが後悔し、挫折します。
それがどんなことであろうともです。小さなことだったり大きなことだったりと。

人によっては自分のほうがもっと悲惨なことが起こった。などなどあるとは思うのですが、正直度合いとは違うのです。
どのくらい大きなことが起こったのか?といったことは実際関係なく、それからどうした?今どう?これが一番重要だったりするのです。
人はよく、自分を悲観することがあります。日本人だとそれが強い人が多いです。

理由としては【噂】や【言葉】によるものばかりです。
人は真実を確かめる方法がなければ、それを真実と考えてしまうものです。
嘘の噂なんかもそれがあったりします。

そこから【悲観】といった感情がやってくるのです。

関連記事:感情とは何なのか?それと種類6つについて考えます。

悲観的になれば人生すべてが終わりに行く。

【ネガティブ】これを好きと思う人は世の中そうそういないでしょう。
ですが、自分では好きと思う人は多いでしょう。
他人のネガティブは嫌いだが、自分はネガティブな発言や考えをするのが好き

好きというよりかは、勝手にそのようになってしまう。と言った人のほうが多いかと思われます。
僕はその手の道のプロでも先生でもないので、詳しいことはわかりませんが。
悲観すればその先の未来もよくないことしか起こらないようになります。

これは医者じゃなくてもわかることです。
その手の道に進んでいる人でなくてもわかることなのです。
なぜ?と思う人も多いでしょう。人は誰でも実際に悲観するようなことがあります。

その時必ずと言っていいほど何かに失敗しませんか?
小さな失敗も含めてください。ほとんどはするでしょう。
考えもよくわからなくなるでしょう。

悲観をすることによって来る悪というものは、通常自分ではできることができなくなるといった【癖】が癖でなくなってしまい。
初心者のような感じに変わっていくようになってしまうのです。
だから失敗するのです。

ただし、悲観がすべて悪いということではありません。
負けても学ぶことがあるように、悲観してからも必ず得るものはあります。
以上です。ありがとうございました。

オススメ記事:
1.何かをするときや成功しようと思う時必ずしてはいけない4つのこと!!
2.便利なネットの一つの問題点!これがないからまだ人は人として存在できる!!
3.『続ける』ことは大切なこと!!必ず良い未来を生む!!
4.人の感情『不安』に関する3つのこと!!
5.『怒られるうちが花』と言います。周り見て僕は本当にそう思いました。