趣味を持つことの大切さについてお話します。

趣味を持つことの大切さについてお話します。

f:id:minticecream:20190509140726j:plain

おはようございます。結城シキです。
現在の世界では趣味というものに関して一昔前よりかは少し変わった考え方になってきつつあります。
老化を遅らせる一つの要素として注目されていますね。

今回そんな「趣味を持つことの大切さ」について触れていきます。

趣味を持つことの大切さ

趣味はダメなものとして考えられていることもあったり、ものすごく大切なものだよ!と考えられていたりします。
そもそも趣味自体は僕から言わせれば、持っておいた方がよろしい!と胸を張って言えることです。

すぐに知りたい人のために結果を書きますが、趣味を持つことは「人生を豊かにする」秘訣なのですね。
成功者と呼ばれる人たち、子どもを持つ人たち、見ただけで人生が楽しそうな人たちは、みな趣味を持っているはずです。
それが何であろうと、趣味を持っているのです。他人に知られようが知られまいが大切にしているのですね。

楽しいことは素直に人生が豊かになることに繋がります。
これはもうわかりきっていることでもあるのですね。

世の中には多種多様な趣味が存在する

世界中を見れば、色々な趣味が存在します。
空を12時間見るだけでも趣味になりますし、街を歩くだけでも趣味になりえます。
どんなものでも趣味になるのですね。

気が付けばこれが趣味になっていましたーなんていお話もよく聞くものです。

毎日の習慣や心の安らぎになれば、趣味と言えるのではないのだろうか?

趣味であれば、基本的に1分でもその時間を作ります。
これは時間がない!ということを無理やりなくして、作っていくのですね。
多少なりとも例外はあります。やはり人は忙しい生き物です。何かしらに追われていることが多いです。

そのため趣味に割く時間がない!と苦言する人もいるのですが、それでも無理やり作っていくことが多いです。
そういった結果趣味は「心の安らぎ」として捉えるようになるのですね。
安らぎは人は必ず受けなければいけないものだと僕は考えております。

なぜなら、人は長時間苦痛に耐えることができないからですね。
いくらでも絶えれる人間は決していないと思います。どこかしらで崩壊するのです。
これは至極当然なことだと思います。

関連記事:ストレスの基本となる部分を簡単にまとめてみましたよ – 幽閉図書館

表に出せない趣味ほど依存度は強くなる

人はいくつか趣味を持つことがあるでしょう。一つ大切にしている人もいますので一概には言えません。
ただ、そういった持つ趣味の中で必ず人には言えないとするものがあるはずです。
言えば恥ずかしいや馬鹿にされると勝手に思い込むのですね。

別に趣味を出すことは良いこととは言いませんが、そういった趣味ほど依存度が強いものとして考える方が妥当なのかもしれないのです。
昔ならば、アニメやゲーム、もっと昔ならば本などがそれにあたりました。いわゆる周りから煙たがられるものですね。
言えばオタクと今は意味が違いますが、差別的な言葉を投げかけられました。

そのような偏見なニュース報道が多く本当の趣味をだすのが難しくなってきたのですね。
今となっては違いますが、それでも趣味を表に出さないことが良いと考えている人は多いです。

関連記事:アニメやゲームに影響されるのも一つの手ではある。 – 幽閉図書館

周りとのコミュニケーションを高められる

趣味というものはいわゆるその分野に触れた人ですね。
そのためプロではないのですが、知識はあるはずです。
知らない人に教えたり、知っている人とは共有したりなどの一種のコミュニケーションツールとして使用することが可能なのですね。

これも専門分野に強い人でなおかつコミュニケーション能力が低い人でも話せるようになるのです。
物知りは周りから好かれます。話しすぎるのは注意なのですが、ある程度の専門知識は好印象になるのですね。
やはり会話の始めは強い知識力です。

関連記事:コミュニケーションの最初は否定からではなく肯定から入りなさい!! – 幽閉図書館

趣味でも時には苦痛に思うことも出てくる

何でもそうなのですが、長く続けていけば苦難や苦戦することも中にはあります。
技術なんかだとスランプに陥ることもありますね。
そういった環境が続いていくとやがて嫌いになるのですが、切っても切り離せない状態なのが趣味なのですね。

やらなくてはいけないと日々の生活の一部になっているため、嫌々でも続けていく必要があるのです。
そこに意味はないのですが、その人の人生の何かが隠されていると本能が答えているのかもしれないです。

関連記事:能力の差で抜かされる現実も多く存在するお話 – 幽閉図書館

苦難を乗り越えればそれ以上に楽しくなる

趣味であるため、一度嫌いになるものも、ある程度時間が解決してくれます。
またやってみようかな?一度覗いてみようかな?なんて思い、勝手に体が動き始めるのです。
その結果これ楽しい。面白い。そう思えるようになり、再スタートするのです。

この領域に入れば、楽しさがより増すようになるのです。
これを繰り返しやがては人生楽もあれば苦もあると考えれるようになり、豊かになると思います。
「幸せはお金がすべて」と考えている人は多いかと思われます。

しかし、幸せにお金は実際問題必要ないのです。
何か行動をする際に必要ではありますが、幸せには必要なのかな?と疑問に思うことばかりです。

趣味がない人は心安らぐものであれば何でもよいとの答え

時より趣味がないと話す人もいるのですね。若い世代であれば、そうですし、何と言っても仕事人間な人はみながそうなります。
結果として早い段階での退化がやってくるのですね。人は何かをしなければ、おのずと退化していきます。
自宅警備員がコミュニケーション能力が著しく低下していると発表している理由は退化が加速しているから他ありません。

老化ともいえるのですが、ここでは退化と書きます。
このように何かをし続けなければ、おのずと人間は衰えるのです。ただこれは趣味があれば別問題です。
人生豊かに過ごしている。若々しく活動している人はみなそろって趣味を持っています。

ただ街を散歩しているだけの趣味だったり、時にはゲームセンターで遊んでいたりとさまざまなものがあります。
やはりそういった趣味を作っていくからこそ楽しさが増すのではないのでしょうか?
趣味のない人は、本当にただ空を見るだけでも十分です。何かしら見つけることが重要であり、でなければただの人形に成り下がってしまいます。

急いで作らなくても別によくだんだんと見つけていくのも全然ありです

ここまで書きましたが、別に急ぐ必要性はどこにもありません。
趣味なんてすぐに見つかるものではないのですね。だんだんとこれが趣味だ!と継続と経験が積み重なって出来上がっていきます。
ちなみに僕の趣味は、何十年も続くゲームとアニメです。これは変わりません。

逆に急いで見つけても何にもなりません。かえって嫌いなものが増えていくだけです。
楽しい、大切とそう思えれば趣味になります。単純なものでも全然いいですし、複雑なものでもよいのです。
ただ、周りが不快になるようなものはNGですけどね。

趣味を持つことの大切さについてのまとめ

趣味は持つべきものではあります。人生の豊かさが増します。
いくら社会で辛い目に合おうが、趣味を持つことにより楽しさが増し、今の時代だとそれがお金に変わっていきます。
お金が必要ではないと書きましたが、趣味がお金になれば、それはそれでラッキー程度に思ってくれればよいです。

どんな趣味でも趣味であり、バカにする方がおかしいのです。
考え方が変わってきつつある趣味ということに関して、今は周りが納得とすることが多くなりました。
これは良いことであり、次にそれを伸ばしさらに楽しくし、共感する人を見つけるような世界に切り替わっていくことでしょう。

以上です。ありがとうございました。

minticecream.hatenablog.com

未分類カテゴリの最新記事