【楽しさ大事】新しいことを始めるのは実はかなり楽しいことですよ

【楽しさ大事】新しいことを始めるのは実はかなり楽しいことですよ

f:id:minticecream:20190705043708j:plain

おはようございます。結城シキです。
効率や進化を考える、そういったときに必ず「新しいことの導入」があります。

こういった新しいことの導入はきついと思う反面、慣れていけば楽しいとさえ感じるようにもなりえるのです。
今回はこの「新しいことを始めるのは実は楽しいこと」であることを書き綴っていきます。

新しいことを始めるのは実はかなり楽しいことですよ

新しいことを組み込んでいくことは、効率化や楽しさを生み出していくものです。
こういう方法があるのか~と周りも関心できますし、日々の成長にもつながります。

世の中には、同じ人は二人もいません。
そのため、分身したらいいなーなどのことも新しいことにおいて重要な役割を有します。

子どもの頃を思い出してみてください。毎日が新しいことだらけで、ワクワクやドキドキがありませんでしたか?
そこからやってくる知的好奇心は自らを制御できないレベルにまで暴走していませんでしたか?

これは、思考の凝り固まった大人でも同じようなことが必ずできるのです。
この際の年齢は関係なく、みなが平等でスタートをきるのです。

進み具合などの格差があるかもしれないのですが、ちゃんとある程度まででき楽に進むようになる
これが新しいことの楽しいとされる部分ですね。

意見の出しあいで、コミュニケーションも充実することでしょう。
毎日同じような作業を続けていくのは、飽き飽きしていくのは無理もないのです。

そういった環境に属しているからこそ、新しいことを導入したりするのが良いと考えております。

何が新しいことによってきついのか?これは変化にある

変化に対応するのは酷とされています。
それが年齢を追えば追うごとに頭や体が言うことを聞かず、記憶力も低下します。

元気のなさも現れ、変化に順応できなくなります。
ただ、新しいことを始めるのは、別に年齢が!ということではないのですね。

小学生でも中学生でも、新しいことを始めるときはみなが頭を抱える時は必ずあります。
好き嫌いがあるのが人間であり、それは仕方ないことですし、個性でもあるのです。

やはり変化は厳しいと思うことも少なくないです。
不安や心配などの負の感情が最初にやってくるのですね。

これは本当に仕方ないことであり、新しい地域に行こうとして思う考えと一緒です。
新しいことは不安の塊なのですね。しかし、それをどのように自分のものにし、適応していくか?

これからをどのようにするのか?を考えることが大事です。
新しいことを導入しても、自分には合わない!無理だ!と思えば、切り捨てるのも十分ありなのです。

minticecream.hatenablog.com

未来が楽にならないような新しいことは無駄です

何もやみくもに新しいことをするのは無駄です。
その先のことを考えて取り組むのがベストだと思います。

効率をすれば意味のない仕事がやってくる。
それをして先に何がまっているのか?ということですね。

仕事を多くやっている人、無駄に時間を過ごしている人の方が美徳とされる時代はすでに終わっているのですね。
新しいことでも、非効率的であり、人間のぬくもりがなどのどうたらこうたらいいように繕い無駄なことをするのはNGです。

逆に劣化しますよ。
人は頭を使わないと、いくら若かろうが衰退の道に進んでしまいます。

新しいことは効率と結ぶこともありますし、今まで知り得なかった情報を得るいい機会だと考えております。
無駄に新しいこととして、意味が分からず、ただ非効率的なものであるとするのならば、やらないほうがましなのですね。

それが未来にとって良いものであるのならば、逆に今非効率的でもやった方がよいことではあります。

新しいことをいかに楽しむか?も必須である

新しいことを楽しむ力も必要です。
子どもの頃はいかにつまらないことでも、楽しもう!として活動をしていきました。

それを思い出し、自分が苦にならないようであるように楽しむように組み替えることが大事です。
人から言われた新しいことは、その人の楽しいことであり、自分からでなければ、わかり得ないことなのです。

そのため、新しいことを考えるうえで、いかに楽しむか?を自分なりに考えるのです。
そうすることによって、一歩前進するようになるのですね。

新しいことを始めるのは実はかなり楽しいことですよのまとめ

難しいことです。覚えることも増えますし、つらいと思います。
しかし、その分返ってくることもやり続ければ必ずあります。

成長なんて言うのは、ゲームのようにすぐにやってくるものではありません。
膨大な時間を有し、じっくりとやってくるのです。

今は厳しいと思っても、いずれ楽になる。
それらを続けて慣れていけば、おのずと新しいことに挑むことは苦ではなく、楽しいと感じるように変化します。

そうなれば、あとは効率化に進むだけです。

以上です。ありがとうございました。

minticecream.hatenablog.com

未分類カテゴリの最新記事