【仕事ができない理由】仕事は環境に左右されます。 

【仕事ができない理由】仕事は環境に左右されます。 

おはようございます。僕です。結城シキです。

仕事&仕事、生きてから、仕事とは切っても切り離せないものです。
そんな仕事という必要なもの
時として自身の能力を現実に付けつけてくるほど残酷なものとなります。

本日は、仕事ができないと感じる原因について
ご紹介していきます。

仕事は環境に左右されます。

今回以下の項目で書き綴っていきます。
気になる部分だけでも目を通してみていただけると助かります。

  • 仕事ができない人の特徴は考えたか?
  • 人間関係の大半は解決が不可能?
  • 環境が本当に自分に合っているのか?
  • 周りの評価の気にしすぎなのでは?
  • 仕事が出来るようにするには?

仕事ができない人の特徴は考えたか?

そもそもな話、人は自分を客観的に見ることが出来ません。
ですので、ここいらで客観的にできないと思われる人の特徴をリストにします。

  • スケジュール管理が苦手
  • 期日を守れない
  • 同じミスを繰り返す
  • ホウレンソウができない
  • 完全完璧主義である
  • 指示がないと動けない
  • 責任を持たない、他人のせいにする
  • 他力本願
  • できないと思い込みが激しい

リストにするだけで、相当な量がでてきました。
あくまで一般的にそう言われている。だけに過ぎません。

なので、該当するかはわからないです。
しかし、これらが良く言われる仕事ができない人の特徴だと
言われているようです。

正直な話、どれも個性的なものです。
納得できるようなものから、それに対して共感できるものまで様々です。
ただ、すべてに言えることで・・・

このリストに載っているものが該当するから無能である!

これは間違いである事実を理解していただけると助かります。
この章では、あくまで特徴を捉えることが唯一であり
できない人が、これらだけ!などという考えでは全くありません。

誰しもが一つや二つは該当するはずです。
例をあげるならば、僕自身もできないことは多いです。
特にひどいものは、スケジュール管理ですね。

甘い判断のもと行動してしまい、結果的に最終的に期日に間に合わなくなる。
こんなことは学生の頃から今でも続いております。
他にもできないと思い込む癖もあります。

あくまで僕は一例ですが、この章で書きたいことは
自分自身を客観的に見てみることですね。
どうしてできないのか?を客観的に見てみる。

非常に難しい行動かもしれませんが
これをすることによって、今後多岐にわたって
良い結果が生まれてくるものなのです。

人間関係の大半は解決が不可能?

人間関係は、これまた切っても切り離せない悩みの一つです。

良い環境であっても、向上心がないだとか
悪い環境の場合、それまた向上心が育たないとか
様々な理由付けができます。

そもそもな話、人間関係の悩み
これが社会で生きていくうえで一番無駄であり
一番めんどくさい問題です。

同時に組織を変化させたり、変えようとしても
人間関係が理由で大きく変更できないで終わる
こんなことも良くある話です。

以下のリストが人間関係で特にめんどくさい
そう思われる内容です。
目を通してみてください。

  • 嫌いな人がいる
  • 悪口や陰口がある
  • パワハラなどのハラスメント行為
  • 本人は何もしてないのに嫉妬される
  • 無視や孤立などのいじめ

どれも納得のできる内容です。
どこにでもいるようなものですね。

特にひどいのは、権力行使などによるパワハラですね。
その中でもここ数年では、セクシャルハラスメントなどがあります。

ただ正直な話
こういった問題が横行しているところは多く
その中でも人間関係を何とかしていく!
これは非常に愚行ともいえる行為です。

労力と結果が見合わないようなものであり
なおかつ、また新しい火種が出来上がります。

なので、人間関係に関しては解決が不可能
断定の領域なのですが、これが当たり前の事実になります。

現状で人間関係の影響もあり、能力が十分に発揮されない
それこそが当たり前の世の中になってしまっているのですね。

環境が本当に自分に合っているのか?

環境がそもそも自分に合っているのか?
これは考えるべきことではあります。
何かしらやりたいから今苦行を選んでいる!

この場合ならば、問題ないですし
正直大学生など、お金が必要な場合ならば
現状その選択しかわかりません!といったような感じでしたら

むしろやってみるのもありです。
ただし、もって三か月くらいを目安にしてみるのがよろしいです。
大体人間三か月経てば何かしら外部からのアクションが起こります。

逆に言えば、その月日が経っても何も起こらなければ
そこで終了なのですね。先の未来もないに決定することが可能です。

同時に自分自身の考えや行動、慣れに関しても三か月くらいで
わかっていきます。本当にやりたいことなのかといったことですね。

環境があっているのかを即決するのは非常に難しい判断になり得ます。
なので、この章で書いた三か月はオススメですね。

簡単なリスト作成しました。
これを見てもらい、環境について考えてみてください。

  • 自分自身の意見が簡単に発言しやすいか?
  • 変化や成長が目に見えてわかるか?
  • その場に働く人はどんな感じで労働しているのか?
  • 効率や能率をちゃんと考えているのか?
  • 本当にアットホームであるか?

こんな感じですね。
特に注目すべき点は、同じ環境で働いている人の労働の仕方ですね。

別のところでも使えますが
その職場で働いている上司や正社員、勤続歴の長い人が疲れ切っていたり
不平不満ばかりを毎日吐露していたりする場所ははっきりいってアウトです。

鏡のように見るのですね。その環境を。
そしたら、自分自身の未来がそのようになると考えても構いません。

判断がそこでつくことが可能なはずです。

周りの評価を気にしすぎなのでは?

人間は周りの評価を本当に気にします。
気にしすぎるほどに気にします。
それによって、あらぬ噂などが蔓延したり
意味の分からない愚痴が横行するのです。

特にひどいのは、自分が言われまいと他の人の悪口を言うものですね。
評価という絶対的なものを覆したいという欲求から来るのでしょうが
はっきりいって惨めにもほどがあるのですね。

正直な話、周りを気にしても意味がありません。
過去色々な経験をした僕からしてみれば
周りの意見の9割ほどは害です。

有益、無益とかいうものではなく害です。

ただ単に害です。

聞くだけ無駄な時間を割く害です。
よほど時間が有り余っているのか、相手に興味があるのならば
聞くこともオススメします。

大体周りが人を見ることは、悪いことがほとんどです。
何か人がずれているからこそ、愚痴やら何やらで噂を立てます。

それを聞いて鵜呑みにするのもありではあるのですが
そんなことをしても、狭い価値観の中でしか活動ができません。

もう少し羽を広げ、大空を飛びたいのならば、そんなところで
周りを気にしても意味がありません。

気にするのは、自分の能力ですね。
大空に飛びたいというのならば、その分注意すべき点がいくつもあります。
世の中には天才や秀才が山ほど存在します。

それらと渡り合わなければいけないのです。
どんな業界にも存在しており、彼らと戦い、共存したり
勝負をしたりするのです。その場合、自分の能力を高めること
それらをしなければ、ぼこぼこにされます。

滅多打ちにされるのです。
その場合能力を伸ばさなければいけませんよね?

このような発想になるわけです。
ここら辺でわかってきたかと思います。
周りの評価を気にしても意味がないということです。

時には必要な時もあります。
しかし、大半は気にしなくても良いです。

それほどの情報しかありませんということにも繋がります。

仕事ができるようにするには?

超絶簡単な仕事ができるようになるには?
こちらのリストを書き記します。
時間ありましたら目を通してください。

  • スケジュール管理を徹底する
  • 可や不可を明確化する
  • 期日をちゃんと守る
  • 思い込みをなくす
  • 能力を可視化する

これだけで十分だと思います。
正直な話、仕事できる、できないはその人を適切に評価できる人限定です。
なので安易に、他者ができないと罵っても、

縁の下の力持ちである事実に気づかず終わるなんて言うのはよくあるのです。

本当に驚くことですが
プログラマーの優秀な開発や
デバッカーをしている人が人件費を理由に解雇された。

なんていうお話を聞きますし。
会計や事務員を減らした!なんていうことも聞きます。
しかし、実際問題、その後が非常につらくなったと結末が聞こえてます。

判断する人は大してその人を見ていないのが実際なのですね。
自分自身にどんなに能力があろうが、それを見つけることができない。
これがある意味一番の原因なのではないのか?と思います。

なので、リストに書き記したできるようになるには?
こちらに関しては、初歩的なものであり、かといって
ほぼ高確率で間違ってはいけないと思えるようなものです。

ここら辺を適切に対応していけば、
本当の意味での仕事できない人にはならないと考えております。

本日は以上となります。

最後まで見ていただきありがとうございました!!